FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.20 (Wed)

富士山!

未知の日本最高峰に不安だらけの素人挑む!の巻

2014年(平成26年)8月18日

夜勤を終えて チャリをぶっとばして大急ぎで帰宅
即、装備を整え
まねたろうを引き連れ
いざ新宿西口へ!

朝 7時40分発の高速バスん中で仮眠
目覚めたら富士スバルライン5合目直前
すでに眼下に雲海がっ

「アルプスの少女ハイジみたい!!!」
マジで そう思いました

高度に体を順応させなくては
ってことで、5合目をうろつく

なんせ 高尾山から 一気にジャンプアップ
3776メートル に挑むのですから!(←無謀な人)

50.jpg

富士スバルライン五合目を出発し
六合目で吉田口登山道と合流します

富士登山の半数以上が
この吉田ルートで登るらしいね

山梨県側の富士山の北側から山頂を目指すルートです

快調
楽勝?と、調子こいてると
7合目あたりで突如
目の前に岩が立ちふさがる

n9.jpg


「マジですか?もしかしてこれを登るんですか?」
(↑当然です しかも序の口です)

無我夢中で
必死によじのぼり

山小屋「鳥居荘」に到着
何しろひそかに無謀な徹夜明けですから
仮眠

51.jpg

山小屋 初体験
覚悟はしてたし
噂にも聞いてたけど
他人様とこんなに密着して寝た
のは、人生初です
寝耳に水です(?)


5時ごろ夜ごはん

n14.jpg

カレーライス お代わりし放題!
缶ビール700円
水は小さなカップにちょこっとだけ、後は有料

何でもないカレーなのにとても美味しかった
ビールは・・・
トイレに行くのがあんまりにも大変なんで
ちょっとしか飲んでないです

で、

夜中11時30分
ご来光見たいから
かな~り早めではありますが
とっとと、山小屋を出発!

ヘッドライトの明かりを頼りに
ますます険しい岩場をよじ登る

8合目「白雲荘」
あたりからそんな大した岩場ではなくなった
しかも 深夜は元々夜行性の私にとって
絶好調!最高潮!な時間帯

しか~し 連れのまねたろうは高山病チックな症状と
そもそもの体力のなさから絶不調で
私の前に立ちふさがります
なだめすかし、励ましながら頂上を目指します

「もう ちょっとで頂上やから~頑張って!ここまで来たんやから~」と・・・

しかーし、
「さっきから もうちょっともうちょっとって、
全然もうちょっとじゃないじゃないかーーー
と、キレだし

(だって、さっきから休んでばっかやから・・・・)←心の声

「休んでばっかいたら いつまでたってもたどり着かんので
ちょっとづつでも進もう!」と、さらにはげますと

わかっとるわーーー
と、叫ばれ

もう大騒ぎです

そしていよいよ・・・

53.jpg

ご来光に感動です

大地は果てしないです
なんて美しいのでしょう・・・
苦労して登ったかいがあります

頂上では
まねたろうが調子が悪いため
お鉢めぐりは断念!
日本最高地点の剣ヶ峰に立つことはかないませんでした

が、
とりあえず頂上にはいけたんでよしとします

66.jpg

富士山名物
地獄の下りはキツかった
一生続くんじゃないかと思うほど
エンドレスやった

でも、絶景やった~~~
空の青さと遮るもののない空間の広さに大感動

ま、人生観までは変わらなかったけど
超パワーをもらった

また来年も必ずや登る!
もっと、楽しんで登れるように
日々、精進します(←すっかり憑りつかれている人)

世界遺産の富士山
登頂成功です

関連記事
スポンサーサイト
10:50  |  山&ハイキング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://momoka888.blog53.fc2.com/tb.php/269-a92881f3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。